作成者別アーカイブ: rhenin

rhenin について

中谷礼仁(なかたに のりひと)歴史工学、アーキオロジスト。早稲田大学建築史研究室所属、教授、千年村プロジェクト、日本生活学会、日本建築学会など。著書に『動く大地、住まいのかたち』、『セヴェラルネス+』など。

XX空間のイメージ ネパール・カトマンズにて2019年4月から5月(その1)


2019年4月26日から5月7日まで、カトマンズのパタンにて建築家石山修武氏が提 … 続きを読む

カテゴリー: Events, Lectures | コメントをどうぞ

なぜ家は存在するか、『未来のコミューン 家、家族、共存のかたち』1月25日刊行


装幀 間村俊一、挿画 大鹿智子 定価:本体3,200円+税 四六判上製 320頁 … 続きを読む

カテゴリー: Publications, Uncategorized | 1件のコメント

賀頌・かたち三部作仕上がりました


あけましておめでとうございます。かたち三部作(自分の中での企図ですが)がようやく … 続きを読む

カテゴリー: Publications, Uncategorized | 2件のコメント

原稿を長く書く方法(卒業論文など初めての論文作成の一助として・お試し版)


まず論文を書く作法については佐藤守弘先生の「学術論文を書くために」がとてもわかり … 続きを読む

カテゴリー: Uncategorized | コメントをどうぞ

述語化するランドスケープ・石川初著『思考としてのランドスケープ 地上学への誘い 歩くこと、見つけること、育てること』の紹介


石川初著『思考としてのランドスケープ 地上学への誘い 歩くこと、見つけること、育 … 続きを読む

カテゴリー: Publications, Uncategorized | コメントをどうぞ

「映画と大地の間にあるもの 『柳川掘割物語』その後」 雑誌『ユリイカ7月臨時増刊号 高畑勲の世界』に掲載されました。


雑誌『ユリイカ』の編集部から連絡をいただきました。逝去された高畑勲が監督した『柳 … 続きを読む

カテゴリー: Publications | コメントをどうぞ

『動く大地、住まいのかたち プレート境界を旅する』が2018年日本建築学会著作賞をいただきました。


『動く大地、住まいのかたち プレート境界を旅する』(岩波書店2017)が2018 … 続きを読む

カテゴリー: "On the Edge Tour 2013", Publications | コメントをどうぞ

「トマソンとまちを歩こう!」3学期第1回べてぶくろカレッジ2018年3月31日(土)開催!


街にひそむ無用の事物(=芸術の位相)を暴き出してしまった「トマソン観測センター」 … 続きを読む

カテゴリー: Events, Lectures, Uncategorized | コメントをどうぞ

シンポジウム「野良道具/フィールド・デバイス 世界をつくる」 2018年3月10日(土)13:00-17:30


日本民具学会・道具学会・日本生活学会は合同シンポジウムをおこなっています。 今回 … 続きを読む

カテゴリー: Lectures | コメントをどうぞ

P.I.Lの45rpm,12in.LP “Metal Box”をOnkyo GS-1で再生する


実は趣味のオーディオ関係のブログを誰にいうこともなくたまに書いてきたのですが、最 … 続きを読む

カテゴリー: Uncategorized | コメントをどうぞ