My Profile

中谷礼仁(なかたに のりひと, NAKATANI Norihito)

NAKATANI Norihito (2004)

recentportlait

NAKATANI Norihito (2013)

やわらかめの略歴
特異な活動で知られる建築史家.歴史工学家、アーキオロジー。近世大工書研究から始まり,土地形質の継続性と現在への影響の研究(先行形態論),今和次郎が訪れた民家を再訪し,その変容を記録する活動の主宰をへて、最近では千年続いた村研究−千年村研究−等を行っている。2013年1月から9月までユーラシアプレートの境界上の居住文明のありようを探索しに、インドネシアから、インド、イラン、トルコ、ギリシャ、アフリカ北部ジブラルタルまで巡歴。著書に『動く大地、住まいのかたち プレート境界を旅する』(岩波書店2017)『今和次郎「日本の民家」再訪』瀝青会名義(共著、平凡社2012)『セヴェラルネス+ 事物連鎖と都市・建築・人間』(鹿島出版会2011)『国学・明治・建築家』(一季出版1993) など.

かための略歴
歴史工学研究、アーキオロジー。 1965年生まれ、1987年早稲田大学理学部建築学科卒業、大阪市立大学工学部建築学科専任講師をへて2007年より早稲田大学理工学術院建築学科准教授。2012年より同大学教授。2010-2011年日本建築学会発行『建築雑誌』編集委員会委員長。2013年度 日本生活学会今和次郎賞(瀝青会名義)、2013年度 日本建築学会第一回著作賞(同上)。主な著作に『動く大地、住まいのかたち プレート境界を旅する』(岩波書店2017)『今和次郎「日本の民家」再訪』瀝青会名義(共著、平凡社2012)『新訂日本建築辞彙」太田博太郎、稲垣栄三編(共著、中央公論美術出版2011)『セヴェラルネス+事物連鎖と都市・建築・人間』(鹿島出版会2011)『近世建築論集』(アセテート2004)『カラー版 日本建築様式史』(共著、美術出版社1999)『国学・明治・建築家』(波乗社1993)

『カラー版 日本建築様式史』(共著、美術出版社1999)

好きな言葉 さまよい こだわり 流浪

勤務先住所
〒169-8555
東京都新宿区大久保3-4-1
早稲田大学理工学術院 創造理工学部 建築学科

中谷礼仁
なかたにのりひと
歴史工学研究 , Archiology

1965年東京生まれ、
1987年早稲田大学理工学部建築学科卒業、
1989年同大学院修士課程修了、
1989~92年清水建設株式会社設計本部、
1992年~1995年早稲田大学大学院後期博士課程
1994-7年早稲田大学理工学部助手、
1996-1999年早稲田大学理工学総合研究センター客員講師、
1999年、大阪市立大学工学部建築学科建築デザイン 専任講師(建築史担当)
2005年、同助教授
2007年、早稲田大学理工学術院 創造理工学部 建築学科 准教授
2012年、同大学教授

受賞
2013年度 日本生活学会今和次郎賞(瀝青会名義)
2013年度 日本建築学会第一回著作賞(同上)
2010-2011年 日本建築学会発行『建築雑誌』編集委員会委員長
2000年度建築学会奨励賞(論文)

主な著書に
『今和次郎「日本の民家」再訪』瀝青会名義(平凡社、2012年)
新訂 日本建築辞彙」太田博太郎、稲垣栄三編(共著、中央公論美術出版、2011年)
『セヴェラルネス+ 事物連鎖と都市・建築・人間』(鹿島出版会、2011年)
『岩波講座 都市の再生を考える  I 都市とは何か』(間宮陽介編、岩波書店、2005年)
『近世建築論集』(アセテート、2004年)
『うごくモノ -時間・空間・コンテクスト-』(共著、東京文化財研究所編、平凡社制作、2004年)
『清水建設二百年』(共著、清水建設株式会社、2003年)
『幕末・明治期規矩術の展開過程の研究』(早稲田大学博士論文、私家版、1998年)
『国学・明治・建築家』(蘭亭社、1993年)
『日本建築様式史』(共著、美術出版社、1999年)
『数寄屋の森』(共著、丸善、1995年)
『磯崎新の革命遊戯』(共著、TOTO出版、1996年)
『建築マップ京都』(共著、TOTO出版、1998年)
『建築巨人 伊東忠太』(共著、読売新聞社、1993年)
などなど

*陽の目をみていない壮大な辞書改訂作業や翻訳作業などいくつか(泣)

設計作品に
『三層の家』新建築住宅特集、2013年11月号、新建築社

03 (1)(撮影:山岸剛)
『63』(大阪・福島区、住宅特集2001年6月、住宅建築2001年11月、そういえば設計資料集成住宅編にも小さく載ってる)
『甲羅ホテル』設計(岡崎乾二郎構想、LLP吉川の鯰施工、横浜 BankART1929、3F内 限定展示)など

ワークショップ、フィールドワークに
灰塚アースワーク・サマーキャンプ講師(1999-2003)
mAAN・上海ワークショップにユニットマスター参加(2004)
●四谷アート・ステュディウムにてパタン・ランゲージを再活用した「詩人の家」ワークショップ(2005)12
●BANKART1929にて文豪の部屋名前改め「甲羅ホテル」の設計(岡崎乾二郎、吉川の鯰岸本耕と)。(2005)

●山口情報芸術センターにてダンスユニット「ちくは」とパタンランゲージによるダンスパフォーマンス(アドバイザー参加)(2006)

●2005年より瀝青会(命名石川初)とともに、1922年に発行された今和次郎『日本の民家』掲載の無名の家々の場所を突き止め、訪問、調査(『10+1』『住む』に連載)。近日中に書籍化予定。

●ボーパール2011にてユニットマスター参加(協力mAAN村松伸, タクす会:石川初 木下剛 日埜直彦 宮崎敦寛)概要の他、GPSを用いた記録アーカイブは特設サイトhttp://www.nakatani-seminar.org/bhopal/ (制作:寺田佳央)参照のこと

すごく勉強になった連載
岡崎乾二郎と『建築の解体新書』(『10+1』、1999年から2001年)