70年代前後のタウンマップの書きかけ ニコニコ堂主人・長嶋康郎さんから


ニコニコ堂店主、『ニコニコ通信』の作者・長嶋康郎さんから封書が来た。開封してみるととても貴重な記録なので、長嶋さんに連絡して公開の許可をもらいました。著作権は長嶋康郎さんです。無断使用は禁止。参考にしてください。

以下説明。

長嶋さんによると、68年ごろからいわゆるタウンマップを作ろうと思い立ち、新宿、渋谷、吉祥寺(長嶋さんの地元)と作ったのだという。吉祥寺のものは一部完成して発表されているが、長嶋さんらしく(失礼)、中断したものも多い。しかしながらその時代、どんな店があったかを知る貴重な資料であります。おそらくクリックすると大きくなると思う(クリックすると、フルサイズで見るリンクがあるのでそれで拡大できます)のでご確認ください。図版にそれぞれ簡単なキャプションをつけました。

長嶋康郎さん、こんな貴重なことやっていて、ありがとうございました。初田香成さんとか使ってくれるかしら。

広告

rhenin について

中谷礼仁(なかたに のりひと)歴史工学、早稲田大学建築史研究室所属、教授、日本荒れ地学会、日本生活学会、日本建築学会などなど。その正体はResercher of temporal architectural expression.
カテゴリー: Publications, Uncategorized パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中