早大生が提案する「大島元町復興計画」が伊豆大島にて展示&シンポジウム参加します。


以下のような内容で、昨年被災にあった大島元町地区周辺をテーマとした早稲田大学建築学科学生による自発的計画案が、展示され、シンポジウムも行うことになりましたのでお報せします。千年村運動での緊急報告をもとに、吉阪隆正による旧大島復興計画との連続性も絡めながら、展開していきます。東京から約二時間。ぜひおいで下さい。

伊豆大島ジオパーク研究会公開講座

早大生が提案する「大島元町復興計画」の現代的更新

-東アジア黒潮圏における自律的復興モデルの提案-

日 時 6月29日(日)午後7時~9時

場 所 開発総合センター 1階大会議室

講 師 早稲田大学大学院 創造理工学研究科

大学院生 田熊隆樹 瀬尾憲司 中村紗綾

教授   中谷礼仁(早稲田大学)

准教授  木下剛(千葉大学)

*どなたでも参加できます(無料)

問い合わせ 伊豆大島ジオパーク研究会

なお6月29日(日)~7月6日(日)に、大島町役場1階ホールにて、模型・ポスター展示を行いますので、ご覧ください。

広告

rhenin について

中谷礼仁(なかたに のりひと)歴史工学、早稲田大学建築史研究室所属、教授、日本荒れ地学会、日本生活学会、日本建築学会などなど。その正体はResercher of temporal architectural expression.
カテゴリー: Uncategorized パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中