カッパドキアで石を立てる トルコの旅3-Long Architectural Journey along edge of Plate Tectonics, in Turkey


wall2

痛風は僕の場合はだいたい一週間で沈静化する。その通りでカッパドキア延泊含め4日目で、足先の腫れが色を残して引いていく。まだ無理してはいけないのだが、通常歩行は可能になったので、まちを歩くことに。5月23日は金曜日、イスラムでは重要なモスクの礼拝日である。大きなモスクの礼拝の時も後で静かにしていれば見学できていたので、ちょっと行ってみようかなと思う。

IMG_0224

ホテルに求職に来ていたろうあ者の24歳の青年がいたので、一緒にいってご飯食べて、礼拝しないかと誘う。基本ジェスチャーなので、あまり問題がないと言うか、お互いに通じやすい。

ホテルで、昼飯の場所を聞いたら、ちょうどモスクで学校建設の資金集めのためのチャリティー食堂ができているから、そこに行って協力してくださいとホテルの主人の奥さんに言われたので、そこでご飯。家庭料理の持ち寄りで、すごくおいしい。あまり肉がなく、ベジタリアン系なのも助かるところだ。

IMG_0225

いつもの見学モードでいたら、当たり前のように体を洗い清める場に連れて行かれ、頭から痛風の足先までしっかり洗うことになった。ギョレメと言っても小さい街だから、見学モードはないわけか。およそ30分、はじめてアラーに礼拝した。まあ特定の神ではなく、絶対的なものが存在するかどうかについて詰問されれば、イエスと答えるタイプなので(相対的なものだけだといろいろ不都合がおこる)、絶対的なものについて礼拝してきたと言ったところか。昨日行った床屋の親父が前に立っており(この親父とは散髪代で一悶着あったのだが)、僕の足をケアしてくれていたボーイのイスマエルがいつの間にか横に座り、そのちょっと離れたところにホテルの主人と息子がいた。このむらの人間関係は筒抜けだなと思った。
IMG_0230

さて、本日のメインは、壁工事である。ホテルの主人のFarukが、購入したホテルに転用用の古民家(もちろん穴居)のアプローチにアーチをかけたいので、〈専門家〉だから参加しろと言われて、参加した。これは彼の皮肉である。
このリノベーション現場には3日間い続けて、職人の動きとか、発注者の主人の動きとか、いろいろ見てきたわけだが、昨夜の主人による石の説明を聞いて、本日は工事参加と言うわけである。

主人と職人がいると言っても、みんな昔から自分で家を建ててきた人たちだ。主人が職人が作った壁を見て激昂した。本来内部に使うべき石も高価な石もまあぞんざいに使われて、壁のベースができていたからだ。主人怒り爆発でいきなり壁を崩しはじめ、きれいに消滅。さあ、つくろうと言われた。おいおい。

足をかばいながら、石を持つ。日本で石と言えば花崗岩である。私はあの水磨きの重くて、冷たくて、スライスされた感じが嫌いなのである。それにくらべれば全体的に驚くほど軽い。よい勉強である。玄武岩や固めの安山岩を選んできて壁立てを始めた。
簡易な水糸を張り垂直を出して、まあ、あとは〈そこにある有限の石〉の形を見ながら、お互いを三点指示で固定して、間を小石で充填し、最後にモルタルセメントをつかんでその間に投げ込み、あとは手でそのモルタルをきれいになじませる。そんな感じである。
wall1
そのときわかった。不整形の無名の壁を見ていて飽きないのは、有限の石を相手にして、その場で考えた人間の経験的知性が表出しているからだと。逆にコンクリートブロックの壁を見ても何の興味もないのは、そこに人間の経験的知性は不要だからである。

wall3

夕焼けまではたらいて、時計見たらなんと午後8時。「一人だったらここまでできなかった。検討して話し合わないといい積み方ができないからナカタ(僕のこと)がいてくれて助かった」と言われた。建築は知恵の出し合い。お礼は主人の家でのご飯。生ネギがうまいのである。

広告

rhenin について

中谷礼仁(なかたに のりひと)歴史工学、早稲田大学建築史研究室所属、教授、日本荒れ地学会、日本生活学会、日本建築学会などなど。その正体はResercher of temporal architectural expression.
カテゴリー: "On the Edge Tour 2013", Uncategorized タグ: , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中