District C インド、ネパール旅行準備1- Long Architectural Journey along with edge of Plate Tectonics-


20121225-011830.jpg

20121225-011855.jpg

20121225-011912.jpg

書き込むメディアをようやく決めた。
参考文献確認はデジタルデバイスで行うが、記録は一切を昔ながらのノートで行うことにした。スクラップブック的にも使う。
伊東屋でA6縦サイズで水彩も乗るリング綴じのスケッチブック発見。他の店で見つからなかった理想形。予想以上に安価。さすが伊東屋。
ファブリアーノ60ページ 一冊350円程度 三冊
ウインザー&ニュートン携帯用水彩12色セット 2500円ほど(定番)
モンブランインクカートリッジ ナイトブルー 630円ほど
他予備にLIFEブランドの糸綴り200枚A6版 900円ほど
購入

夜、カッチ地方の勉強まとめる。

広告

rhenin について

中谷礼仁(なかたに のりひと)歴史工学、アーキオロジスト。早稲田大学建築史研究室所属、教授、千年村プロジェクト、日本生活学会、日本建築学会など。著書に『動く大地、住まいのかたち』、『セヴェラルネス+』など。
カテゴリー: "On the Edge Tour 2013" パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中