アドルフ・ロース著作集1『虚空へ向けて』出版記念トークイベント(南洋堂書店・4/24火 20時〜 要申込)


アドルフ・ロース著作集1『虚空へ向けて』の出版を記念し、東京神保町・南洋堂書店にて、
出版記念トークイベントを行います。入場可能数に限りがありますので予約は早めに。

(定員に達しました。ありがとうございました。)

鈴木了二さんのアドルフ・ロース観、翻訳者の加藤淳さんの人となり、そしてヴァルター・ルプレヒターさんによる19世紀末ウィーン解説など、多方面のジャンルで唸り声があがりそうなイベントです。

テーマ:「アドルフ・ロースとは誰か・『虚空へ向けて』とは何か」
会 場:南洋堂書店 1F・2F
日 時:2012年4月24日(火)
20:00〜
定 員:40名(申込み先着順)
申込み:編集出版組織体アセテート
info@acetate-ed.net
登壇者:鈴木了二(建築家・早大教授)
中谷礼仁(歴史工学家・早大教授)
加藤淳(翻訳家)
特別出演:ヴァルター・ルプレヒター(ウィーン文化研究者)

*申し込みについてですが、今回は南洋堂様ではなく、アセテートにて直接担当します。参加ご希望の方は、お名前と連絡先をお知らせください。なお個人情報はイベント終了後、消去いたしますので、気兼ねなきよう。16日本日で半分弱埋まりました。

広告

rhenin について

中谷礼仁(なかたに のりひと)歴史工学、アーキオロジスト。早稲田大学建築史研究室所属、教授、千年村プロジェクト、日本生活学会、日本建築学会など。著書に『動く大地、住まいのかたち』、『セヴェラルネス+』など。
カテゴリー: Uncategorized パーマリンク