acetate021 ADOLF LOOS著『虚空に向けて』製本見本きたる


先に紹介しました編集出版組織体アセテート発行のアドルフ・ロース著『虚空へ向けて』の予約開始

本日、製本済み見本が3冊届きました。つまり印刷は終了し、あとは製本のみだと言うことです。なぜ製本チェックかというと、これまでお知らせしていませんでしたが、綴じ込み付録に19世紀末ウィーンのカラー地図と、ロースの言説に登場してくる地図がトレーシングペーパーで重ね合わさせれて綴じ込まれているからで、その具合を確認したのでした。マイナー修正を施して本日製本所にゴーサインを出しました。

まずは送られてきた製本三冊。ほぼ完成です。全面に見えているのはこれまでお伝えしていなかった綴じ込み特製ウィーン地図。写真だとややぶれていますが、仕上がりばっちりです。

次は三冊並べたところ。もう建築です。羽良多平吉さんありがとうございます。

もちろん,最高の読みやすさです。頭の中にすいすい入ってきます。

最後は「アドルフ・ロース氏」の写影と奥付情報です。

1000部摺りました。ご予約はアセテートのロース・ページにて

広告

rhenin について

中谷礼仁(なかたに のりひと)歴史工学、アーキオロジスト。早稲田大学建築史研究室所属、教授、千年村プロジェクト、日本生活学会、日本建築学会など。著書に『動く大地、住まいのかたち』、『セヴェラルネス+』など。
カテゴリー: Uncategorized パーマリンク