建築雑誌展2010−2011 建築会館・田町にて 12月15日から21日まで


日本建築学会発行の『建築雑誌』の編集長を2010年から二年間つとめさせていただきました。たくさん仕事がありすぎて、今も思い出になっていませんが、とりあえず強制終了&まとめ会を行います。12月15日から21日まで。専用のウエブサイトを開きました。連載や特集記事の資料等みることができます。またほぼ連日、編集委員有志が企画したトークセッションがあります。詳しくはホームページ、ツイッターを通して告知していきます。

今日は中村敏男先生のもとに赴き、建築の時代の貴重な資料を実見し、中村先生のトークセッションについての打合せをしてきました。いやあ、すごかったなあ。フィリップ・ジョンソンの建築みやげ

東日本大震災等いろいろありましたが、よく耐えたなあという感じです。編集委員会の一丸さが救いでした。僕の財産となりました。はじめての企画も多かったです。ぜひまとめ会おいで下さい。

広告

rhenin について

中谷礼仁(なかたに のりひと)歴史工学、アーキオロジスト。早稲田大学建築史研究室所属、教授、千年村プロジェクト、日本生活学会、日本建築学会など。著書に『動く大地、住まいのかたち』、『セヴェラルネス+』など。
カテゴリー: Uncategorized パーマリンク